HISTORY OF MARINELLA

Tradition 歴史

20世紀初頭、創設者エウジェニオ マリネッラは、後にナポリで夢のようなサクセス・ストーリー実現の基礎となる事業を始めます。1914年、第一次世界大戦直前、エウジェニオ マリネッラは揺るぎない勇気をもって、今日、イタリアの素晴らしい海岸の一つである美しいキアイア海岸沿いにあるビクトリア広場に店を開くことを決意しました。たった20平方メートルの小さな店は、やがてナポリの大きな会社として成長していくことになります。

そしてまもなく、2つの工房をもちます。シャツ仕立て工房と、ネクタイ仕立ての小さな工房で、製造・販売の会社経営を構築しました。

次にエウジェニオ マリネッラは初めてのロンドンの視察旅行で、将来の小売流通を企てます。ナポリで、本物の洗練された英国製品が手に入る店は小さな宝石箱だとすぐに評判をえて、売上も急激に上がります。この時代、英国スタイルは最新の流行であり、マリネッラ社はナポリで唯一、ロンドンから幅広い種類の製品を輸入していました。

今でこそ、ネクタイの店として有名ですが、当初、この小さな店での主流販売製品は、紳士シャツでした。やがて、クオリティーと流行の両方でトップメーカーとなります。エウジェニオ マリネッラはパリから幾人かのシャツ仕立て職人をよび、彼らの卓越したカッティング(裁断)技術をマリネッラの工房の従業員に指導させます。やがて、その習得した技術により、マリネッラ社は、ネクタイの7折りオリジナル製法を実現しました。正方形の生地を内側に向けて7回折られた製法によって、卓越した精巧なネクタイが生まれました。

さらに時を経て、現在の裏生地の製法が発案され、見映えがより美しいネクタイを実現しました。そして、歴史の変遷と共に、店の歩みも過ぎていきます。2度の世界大戦、 貴族階級の衰退、新しいブルジョワ階級の出現、流行の本質的な変化をもたらすアメリカ製品の出現は、会社、コスチュームの発展過程において非常に重要な出来事であり、エウジエニオ マリネッラは自らの魂を失わず、ネクタイがマリネッラ家を導く光になることを信じ、シャツ・ネクタイ店を守り続けました。実に経営的に再建できたのは80年代に入ってからのことです。

マリネッラ家の友人でもあった当時のイタリア共和国大統領フランチェスコ コッシーガ氏は、正真正銘のブランドであるマリネッラ社のネクタイが5本入った箱を、外交官が公式訪問する際、各国の首脳への寄贈の際に用達しました。このようにしてマリネッラ社のネクタイは世界中に知名度が高まり、1994年、ナポリで開催されたG7 会議で、この小さなナポリの会社は決定的に広く知れ渡ることになります。出席した各国首脳への贈り物として、6本のマリネッラ社のネクタイが詰まった箱は、非常に大きな宣伝となり、世界中への流通を確立させました。

今日も3代目であるマウリッツィオ マリネッラは、エレガンスとクオリティーを厳守し、祖父の情熱を引き継ぎながらも、新しいマーケティング戦略とブランドの継承が調和された彼の企業家スピリットで、アメリカから日本、海外においてもE.マリネッラ社のブランドの販売で成功をおさめています。”生粋のナポリ”と”ベリー・ブリティッシュ”調が合わさったE.マリネッラのネームが刻まれたネクタイは、材料品質に対して細心の注意を払うこと、今も変わらぬ職人の丁寧な仕立てを厳密に守っております。

Negozio Napoli alta

Family 家族

マリネッラ家の歴史は、当時34歳のエウジェニオ マリネッラから始まります。15年後、紳士洋裁店を営む彼は、男性の着こなしを重視したスタイルの変化に焦点をあてます。

創設者である彼のマリネッラの哲学は、社交場で紳士の振舞いと外観をより引き立てることができる製品を提供する店であることです。彼の息子である2代目のルイジ、孫である現社長マウリッツィオは、上品さのシンボルであるマリネッラ社のネクタイとその中に生き続ける彼の哲学を伝承しました。

エウジェニオが逝去する数年前、孫のマウリッツィオに約10年間、毎日異なる時間に店内を見回ることを命じます。店内の空気を感じる重要性を理解してもらうためです。これによりマウリツィオは2つの教えを学んだと言っています。祖父が得た昔からのお付き合いがある得意先と父が経済ブーム到来で開拓した顧客。マウリツィオは顧客を通して企業スピリットを大切にすることを学びました。例えば、クリスマス期間、小さな店の前に絶え間ない行列ができるとき、ナポリのお菓子スフォリアテッレとエスプレッソコーヒーを冬の中、我慢して待っているお客様達に用意する、といったことです。

この小さなナポリの店が昨今世界中の上品な人々の出会いの場で在りつづけることができるのは、一度も店の拡大を望まなかった3世代のマリネッラのおかげです。むしろ彼らは、お客様に、今も1914年に開業した当時そのままの小さな店を想像していただけることを好みました。形式にとらわれない控えめで格調ある店で、クオリティーの高い製品を提供し続けています。

M family2

Recognitions 認識

設立以来、有名なふたつの紋章がマリネッラを支えています。それは、英国のロイヤルハウスとナポリの王家に商品(ネクタイ)を納める由緒あるブランドだという証でもあります。

マリネッラは、1世紀におよぶ功績の中で、数々の賞をいただきました。

中でも光栄なものは、2011年6月2日、ジョルジョ ナポリターノ大統領より3代目のマウリッツィオ マリネッラに贈られた“Cavaliere del Lavoro”という賞です。1901年にヴィットーリオ エマヌエーレ三世によって設立されたこの賞は、企業の活性だけでなく、生活や仕事、地域をより良くする取り組みに対して与えられる賞です。

また、時を同じくして、有名大学協会より”HonorisCausa“の学位と、2012年の1月には他にふたつの賞も受賞しました。“l’internationalisation Buisiness Award”と“Premio Leonardo Qualita` Italia 2011”です。

“l’internationalisation Buisiness Award”はイギリスのUKTIより、英国の生産システム、技術の革新、及びナポリ企業の国際化に対して、マウリッツィオ マリネッラに贈られました。
“Premio Leonardo Qualita` Italia 2011”は、マリネッラが真のMade in Italyの地位とイメージを守る責任を持ち、またMade in Italyを代表する品質や優れた功績を有することに対して、再びジョルジョ ナポリターノ大統領より贈られました。

handwriting_marinella_logo

Customers 顧客

ルチアーニ ヴィスコンティ氏 ――― 一度に多くのオーダーをする方でした。基本カラーは青または赤。カラフルな色で染められたインド製シルクで仕上げたチーフでコーディネートし、ネクタイの裏地はチーフと同じ生地が使われました。

アリステレ オナシス氏 ――― 一度に12本のネクタイを購入していました。相手を抑制し、自らの気性を悟られないために、厳格までにカラーは黒でした。

 

昨今変わらないことは、マリネッラ社のネクタイは紳士の首元をよりエレガントにみせること。店に大切に保管されている帳面には、国王、大統領、政治家、企業家、文化人、俳優など著名人の直筆サインが載っています。アメリカ合衆国大統領、ケネディからクリントンまで歴代の大統領の首元に我が社のネクタイがつけられました。クリントン前大統領はヒラリー夫人から贈られていました。

現在の顧客は ジャン カルロス氏、モナコ公国アルバート侯爵、アネッリ家、コッシーガ家、ベルルスコーニ元首相…美的センスある紳士達に愛用される熟練された寸法でつくられたマリネッラ社のネクタイは、マリネッラと紳士の”結び”であります。

C_1(s) C_2(s) C_3(s) C_4(s)
C_5(s) C_6(s) C_7(s) C_8(s)