BLOGブログ

【TOKYO MIDTOWN/OTHERS】ナポリの高級傘“MARIO TALARICO”(マリオ・タラリコ)が東京ミッドタウンに入荷いたしました。

2020-7-12TOKYO MIDTOWN

いつもマリネッラをご利用いただき、誠にありがとうございます。今の時期、待望のMARIO TALARICO(マリオ・タラリコ)の一本木タイプの傘が東京ミッドタウンに入荷いたしました。本日は新作のネイビーストライプとブラウンストライプの2パターンを中心に、紺×赤ピンドット、黒無地、紺無地、青チェック、赤チェックの計6柄をご紹介します。

New【ネイビーストライプ】 ネイビー×グレーのストライプ。ボルドーがほどよいアクセントをプラス、そして白ラインが全体を引き締め、すっきりとした印象にしてくれています。定番的な色でまとめられた1本はどのようなスタイルにも合わせやすいのが特徴です。

New【ブラウンストライプ】 ブラウン×ベージュ×ボルドー配色のストライプは渋い1本に!和服にも似合いそうなテイストとなっており、落ち着いた大人の雰囲気が魅力です。

New 【紺×赤ピンドット】 過去にも登場している生地パターンですが、ソレントレモンのハンドルでは初の入荷となります。赤いピンドッドが明るさをプラスし、艶っぽい美しいネイビーに仕上がっています。

1860年創業のナポリで現存する最も古い工房である老舗傘屋“MARIO TALARICO”(マリオ・タラリコ)。ハンドル部分の湾曲も時間をかけて手で成形するなど、150年以上培われた職人の技術を存分に堪能できます。

左は前回の入荷分、右は今回の入荷分の黒無地です。どちらも同じソレントレモンの木ですが、太さや艶のあるなしで、異なる印象に仕上がっています。今回の入荷分は全体的に細くスタイリッシュな物が多く、ハンドルが握りやすかったり、重量が軽くなっていたりと、とても実用的です!

先端の石突きには高級素材である牛の角を使用するなど、拘ったつくりはさすがです。日本の繊細な物作りとはまた違った、南イタリアの空気を感じることのできる逸品です。

ハンドルから続くシャフト…一本木の重厚感に目を奪われます!深いアーチはどっしりとした丸みで迫力があります(広げたときの直径は約108㎝)。マリネッラ同様にブルボン家御用達であるマリオ・タラリコの世界観をお楽しみください。

同柄のカバーが付いたコンパクトな折り畳み傘もございます。持ち手は同様にソレントレモンを使用しており、マリオタラリコの雰囲気を気軽にお楽しみいただけます。現在は黒無地、紺無地、青チェック、赤チェックの4パターンです。こちらの折り畳み傘は小さめなので(広げたときの直径は約93㎝)、男性だけでなく、女性にもお使いいただけるサイズ感になっています。

是非この機会にお手に取ってご覧くださいませ。いずれも入荷本数は僅かの為、お早目のお問い合わせをお待ちしております。

 

<一本木タイプ> ¥63,000+税

<折畳みタイプ> ¥39,000+税

 

お使いのスマートフォン、パソコンにより、実物と色やイメージが異なる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。

皆様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。インスタグラム(👔ブランドアカウント,👔スタッフアカウント)でもおすすめの商品を紹介しております。こちらも是非ご覧くださいませ。

ご来店いただけないお客様にも満足のいくお買い物ができるようサポートいたします。 通信販売に関する詳細は▶こちらをご覧ください。

 

東京ミッドタウンショップ ▶お問い合わせフォーム

marinellatokyo@dream.com / 03-5413-7651

TAG :