BLOGブログ

【MARUNOUCHI/TIES】丸の内 小林のナポリ解体新書⑤ ~いよいよナポリへ~(後編)

2021-11-24MARUNOUCHI

マリネッラ ナポリ本店側から見るヴィットリア広場。ナポリ市内でもエレガントな広場として定評のあるナポリを代表する広場の一つです。

 

こんにちは、マリネッラ ナポリ 丸の内の小林です。今回も最後までお付き合いをよろしくお願い致します。さて、いよいよ初ナポリも終盤へ差し掛かり、今回のメインイベントである”SARTORIA MARIO FORMOSA”へ訪問するのですが・・・、またもや休業!というよりは、今考えれば極々当然、アポもなく、8月にいきなり訪ねて普通にやっているわけがないです。本当に大バカでした!(笑)

 

というわけで、アトリエのある建物のエントランスでまたもや呆然としていると、見かねた建物の管理人さんが出てきてくれたので事情を説明。すると、何と管理人さん、フォルモーサさんに電話してくれるというではないですか!何とも親切、そう、この温かさが”ナポリ”なんです!そして、返答は「明日だったら良いよ」ということで無事アポ獲得。天使のような管理人さんに御礼を言い、その日は退散。翌朝出直すとフォルモーサさん、いらっしゃいました。(そして、その後ろには満足気な表情の管理人さんも!)フォルモーサさん、紺のコットンパンツに白のボタンダウンシャツにローファーという出で立ちがまたエレガント。言うまでもなく、その後、帰国してからの私の服装はしばらくの間、紺のパンツに白のボタンダウンシャツが続きました!(笑)

 

というわけで、無事に採寸をしてもらい、生地を選びオーダー完了。「仮縫い来るでしょ?」と聞かれるも、またいつ行けるか分からないので、仮縫い無しの1発でオーダー。フォルモーサさん、「またナポリ来た時に仮縫いすれば良いのに・・・、全然違うよ。」的なことをジェスチャー混じりでおっしゃっているようでしたが、今回は仮縫い無しでお願いを致しました。そして、アトリエに興味津々の東洋人の小僧がめずらしかったのか、別棟のヴィンテージ生地が眠る倉庫(かなり厳重なセキュリティーでした)や、ハサミや道具類、受注製作中の顧客の方の洋服などを見せて下さり、説明もひとしきりして下さり感激!フォルモーサさん本当に良い人でした。

 

そして、いざ支払いの段で”お決まりのトラブル発生”です。私がおもむろに、旅行に向けて増額したてホヤホヤのクレジットカードを出すと、「機械が無いからカードは使えない」と言うではないですか。(でも、何故かアトリエの壁には、M〇sterカードのシールが貼ってあります!笑)当時は、「海外なのにクレジットカード使えないの!?」と衝撃でしたが、その頃のナポリの仕立屋さんでは当たり前の話でした。結局、困り果てた挙句、キャッシングという名案を思いつきATMへ。すると、フォルモーサさん「この辺は物騒なエリアじゃないけど、現金持ち歩くなら一緒に行くよ」と、何とフォルモーサさんの護衛付きでアトリエ前の”モンテ ディ パスキ ディ シエナ銀行”へ。そして、ATMへ向かうも引き出し方もよく分からず、また機械の調子も悪いのか悪戦苦闘。見かねたフォルモーサさんが顔見知りと思しき職員の方に事情を説明すると、窓口で現金引き出しの手続きをしてくれることに。ただ、ここでも更に問題発生で、手続きにパスポートのオリジナルが必要だったのですが、手持ちはコピーしかない。結局、狭いナポリ、銀行の方と顔なじみなのか、フォルモーサさん自ら何かの書類にサインして下さりコピーだけで手続き完了。無事に現金でお支払いをさせて頂きました。(天国のフォルモーサさん、その節は大変お世話になりありがとうございました!)そして、「3か月後には出来上がるから送るよ」ということでアトリエを後にするのですが、よっぽど初めてのナポリが危なっかしく見えたのか、「車で送ってやるから乗っていけ」と、またもや護衛付きでホテルまで送って頂いたことが良い思い出です。

 

このような、昭和の日本のような少し懐かしい、現代では欠けてしまった人の温かさを時折感じることが出来るナポリ、そんな色んなことの積み重ねがあり、どんどんとナポリに魅了されてしまったのではないかと自己分析しています。その後、予定通り、約3か月後の秋、初のナポリ仕立てのジャケットが到着致しました。前回のラッタンジで多少免疫があったものの、やはり嬉しかったです、フロントのダーツが裾まで切られているナポリ仕立てのジャケット。そして、ハンガーにかけているだけの状態でも明らかに既製品のそれとは全く異質の肩付けや、袖の立体感など。しばらくハンガーにかけて眺める日々が続きました。

 

というわけで、ナポリで無事に目的を果たしたものの、軍資金とカードの利用枠をほぼ使い果たした私は、残った時間で恒例の極貧ナポリ観光をし日本に帰国することになるのですが、ここで極貧滞在の中で、ナポリは他のイタリアの都市と比べて決定的に違う点を見つけてしまうんです。ナポリは、他の都市と比べて物価が安く、安いのにほとんどの食べ物がハズレ無しのため、良い滞在が出来たことを覚えております。ナポリは、食に関して、味、質、値段がイタリア最強のパフォーマンスを誇ると思います!ピザ屋さんの軒先の揚げ物屋台ですら本当に旨いです!

 

そんなこんなで、皆さま、長々と私のナポリにハマってしまった経緯に最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。20数年も前の話で、記憶も曖昧かつ稚拙な文章で意味不明な箇所も多かったかと思いますが、これをもちまして、自己紹介を兼ねました導入編の話を終わらせて頂きたく思います。そして、これより、ようやくマリネッラや、本店、オーナーのマウリッツィオ、食べ物や、市内の話などナポリの四方山話を書いていければと思います。

 

続きは、また次回に。お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

それでは、丸の内にお越しの際は、是非、店頭にも遊びにいらして下さい!

 

 

〈次回へ続く〉

 

 


※マリネッラのネクタイはオンラインショップFLOENS TOKYOでもご購入いただけます。
⇒FLOENS TOKYO|E.MARINELLA商品一覧

 

 

 

 

お使いのスマートフォン、パソコンにより、実物と色やイメージが異なる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。

皆様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。インスタグラム(▶ブランドアカウント/▶スタッフアカウント)でもおすすめの商品を紹介しております。こちらも是非ご覧くださいませ。

 

ご来店いただけないお客様にも満足のいくお買い物ができるようサポートいたします。 通信販売に関する詳細は▶こちらをご覧ください。

 

マリネッラのLINE公式アカウントがスタートしています。こちらのアカウントでは友だちになっていただいた方にイベントなどのご案内をお届けするほか、対面通話機能を利用したオンラインでのお買い物サポート(要予約)をご利用いただけます。こちらも併せてご利用いただければ幸いです。

 

LINEの友だち登録は下記URLのQRコードより。

https://line.me/R/ti/p/%40931hmoyp

 

東京ミッドタウンショップ ▶お問い合わせフォーム

marinellatokyo@dream.com / 03-5413-7651

丸の内ショップ ▶お問い合わせフォーム

marinellamarunouchi@dream.com / 03-3217-2871

TAG : ,

NEWS LETTERSニュースレター

マリネッラよりお知らせをお送りいたします。
ご希望の方は下記よりメールアドレスをご登録ください。